CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 【みんなやりすぎ】ペプシブルー地獄のレシピリンク集 | main | おい、ペプシよ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
V.J.Catkick@さま
V.J.Catkick@さまです

有名なBlogの方です。みなさまもリンクリストにいれている方は多いんではないんでしょうか。

Blogを長続きさせるには」というエントリがあります。
↑の記事に私、非常に賛同する物があります。
(要は楽しければ良いんですが(笑)

で、本題。実は毎朝必ず BlogPeople の BirthdayBlog を順番に覗くんだけど、増えてきたのが「ページが見つかりません」エラー。つまりサイトを閉じちゃった or 移動しちゃったってヤツでして…(汗)。そこで折角なので長続きさせる為にどうしましょうって考えたわけです。
そうですねぇ。ブログも普通の人から見ればホームページなワケですから、やはりホームページで何を発信するかに突き当たっちゃう人は「どう続けたらいいのか」わかんなくなっちゃうんでしょうね。。
リンクが見つかりませんだと、BlogPeopleさんも困ってしまうのです。せめて立つ鳥、跡を濁さずでリンクリストの退会処理をお願いいたします。
(そこまで、気を回せないのも事実なんですけどね

以下、V.J.Catkickさんの秘訣をご紹介します。
・ルールにこだわらない
何でもアリなblogだと、話がまとまらないと思うんですよね。。某番組のサイコロトークのように話題をいくつかに絞って書くことはそのblogの個性を決定する重要な要素だと思います。
あまりにガチガチにこのテーマについて書くんだ!と決めてしまうと、どうにもこうにも行き詰まる可能性が出てきます。(テーマに関して非常に深い造詣がある方は、深く堀りさげることにチャレンジしてください。

・自分の意見のないエントリを作らない
おもしろいサイト見つけたよ。さんでもかならず一言自分のコメントを添えるわけです。
発信者の人格が見えないようなblogはコワイです。。
あとニュースばかり貼り付けるサイトだと、最新のことにいつも気を遣わないと行けないので効率よくアンテナを張る術を知らないと、疲れます。

・義務感で書かない
わはははは、blog中毒症状で「更新を止めると、誰かに気まずい想いをさせている気がする」という項目があります。
該当する方は居ますか??汗
これも疲れなくするようにする秘訣です。
更新頻度についてですが、例えばstrollさんは更新頻度は少なめですが、一発一発のエントリが超強力です。うらやましい限り。

・「見てもらう」ことに主眼を置かない
そうです。私の部屋の記事は「見てもらう」事に主眼を置いてないです(ぉぃ

最後に最も大事なこと。
・書き終わったら、読み返すこと
これは秘訣というか、声を出すことによって、文の推敲が出来るわけです。文の推敲をすると読み手も必然的に読みやすく感じます。そうなると、アクセスが増える、コメントが増えるなど好循環が生まれ、blogが続けやすくなると。(何事でも一緒ですけどね)

私的に、もう一つ。。
・テレビなどのマスメディアを参考にしよう
えーっ。私はあんまりテレビを見ないので、偉そうなこと言いませんが。(ぉぃ
テレビというのはおもしろいです。おもしろく作ってるのだからしょうがないです。
で、そのおもしろいなぁ。と感じるエッセンスを取り入れちゃいましょう。
良い企画やアイデアが浮かんでくるかも。blogだってインターネットだって自己発信できるメディアなんですから。^^

ちょっと長くなってしまいましたが。
いろいろ鋭い意見が聞ける
V.J.Catkick@さまでした。
| ご紹介 | 12:00 | comments(5) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - |
コメント
ふむふむ、参考になります。
自分も「最近流行ってるみたいだし試してみるか。テーマはいずれ決めなきゃな」なんて思いながら2ヶ月近く「(仮)WADA-blog」ってタイトルでやっていて、結局そのまま定着、(仮)をはずしました。
今考えてみれば、これがラッキーだったのかもって、「Blogを長続きさせるには」読んで思いました。
(そういえば、どうでもいいけど「-blog」つながりですね。名前の後ろに「子」がついた平凡な名前の級友に軽い仲間意識を感じていたことを思い出しました)
| わだ | 2004/07/05 9:21 PM |
なるほど。鳥
| いずみ | 2004/07/05 11:42 PM |
記事中に紹介いただきありがとうございます(^^;
自分のトコの記事は、基本的に自分で書いたスクリプトネタの記事が多いので、自分の記事内容は他にはないものになっているから、少ない更新頻度でも強力って思っていただけるのかなぁ?と思ってみたり。
けど、スクリプト&カスタマイズ情報は、いづれはネタが尽きるのでそろそろ違う方向も考えはじめなきゃと、ちと焦ってたりします(=_=;

tomonoさんの記事は、自分にとっては新鮮で強力ですイエイリ
| stroll | 2004/07/06 12:28 AM |
私に思い当たる節がいくつかびっくり
とても参考になりました!
| presto | 2004/07/07 8:12 PM |
ここ、すごいなあ。みならわなきゃ。
| kaori | 2005/10/04 4:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tomono.jugem.cc/trackback/334
トラックバック
Blogを長続きさせるには
まだ本格的に始まって一年も経っていないBlogだが、もう「長続きさせるには」というエントリーが登場していて、僕もたびたび見かける。 僕の記憶が正しければ、Blogzsineが始まった時に最初に見たそこでのエントリーも「Blogを長続きさせるには」だったような。 何年
| OREGONOMI!! | 2004/07/06 7:02 PM |
BLOGを長続きさせるためには。
ここのBLOGを本格的に使い出して、まだ2ヶ月ちょっと。(4月28日からだから)
| +++Life is Beautiful+++ | 2004/07/10 2:14 AM |
【偉人の教え】共感すること
偉人の教えでは共感できるかどうかは非常に大切だと聞いた。 「人が時代をつくり、時代が人の暮らしを生んでいく。人と時代の中に、マーケティング活動のあらゆるヒントが潜んでいる。そして人を、時代を見方にできる企業だけがチャンスをつくり、飛躍が約束され
| Shuhei Blog | 2004/09/02 12:21 AM |